肝・胆・膵

「肝・胆・膵」に対する取り組み

「肝・胆・膵」とは、肝臓、胆道(肝臓から分泌された胆汁の通り道/胆管、胆嚢、十二指腸乳頭部)、膵臓のこと。それぞれの臓器は近接し、肝臓がん、胆道がん、膵臓がんなど、この領域にできるがんは手術の難易度が高く、予後が悪いといわれています。

がんをはじめ、適切な医薬品や治療法がない難治性の希少疾病を対象とした新薬の研究・開発に挑み続け、アンメットメディカルニーズに応えることは製薬会社としての使命だと考えています。

肝・胆・膵

肝硬変の原因

肝がん(肝細胞がん)が発生する原因として、多量飲酒や喫煙などの生活習慣、脂肪肝や糖尿病などの病気があげられますが、なかでも多いとされる原因は肝炎ウイルスの感染です。
A型、B型、C型、D型、E型の5種類の肝炎ウイルスのうち、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスに感染した人の多くはキャリア(持続的に感染している状態)となり、肝細胞が壊されて慢性肝炎を起こし、肝機能が低下していきます。

なかでも注意したいのは、慢性肝炎から肝硬変、そして肝がんへと進行しやすいC型肝炎ウイルスです。現在、国内の患者数は20~30万人と推定され、そのうちの約10%は、感染してから20~30年後(平均)に肝硬変や肝がんを発症することがわかっています。

非代償性肝硬変の治療薬の開発

肝硬変とは、正常な肝細胞が壊れ、それを修復するために増えた線維組織が肝臓全体に広がった状態で、肝臓は硬くなり、肝機能が低下してしまいます。
それでも、もともと肝臓は再生能力が高いので、肝硬変の初期にはさほど症状が現れません。

正常な細胞によって肝機能が保持されている段階は「代償性肝硬変」、肝臓の線維化が進んだ状態は「非代償性肝硬変」と呼ばれ、黄疸や腹水、静脈瘤、肝性脳症など、さまざまな症状が出現するだけでなく、生命の危険をともなう肝不全や肝がんにつながる可能性が高まります。

日本における肝硬変の半分以上は、C型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染が原因です。
近年、抗ウイルス薬の進歩により、体内のHCVを除去できるようになったことから、C型肝炎は「治療可能な病気」といわれるようになりました。

ただし非代償性肝硬変の場合、初期のうちは抗ウイルス薬で進行を抑えることが可能ですが、線維化が改善されるまでに5年以上はかかるため、この5年間に引き起こす恐れのある合併症(がんなど)は、患者さんにとって大きなリスクとなります。
また、重度の非代償性肝硬変では効果的な治療薬がなく、対症療法が中心となり、残念ながら数年後に亡くなるケースが多くみられました。

そこで開発を進めているのがHCVに起因する肝硬変の治療薬です。肝硬変そのものや肝臓の線維化をおさえる治療薬として期待されており、1日も早く実用化できるよう、開発を進めてまいります。

肝硬変の原因