大原薬品工業株式会社


現在地

HOME の中の 医療関係者の皆さま の中の オレンジブックについて

医療関係者の皆さま

オレンジブックについて

ジェネリック薬は、先発品と生物学的に同等であることを認められております。
そのジェネリック医薬品の品質を恒常的に維持する目的で、厚生労働省は平成9年2月から医療用医薬品の品質再評価を開始しました。
品質再評価とは、同じ成分の医薬品が同じように溶ければ、同じように吸収され、同じ効き目が確保されるという考え方に基づき、溶出試験の規格を設定し、第三者がいつでも追試し、その品質を評価できるように公表するという制度です。
公表された結果は随時日本版オレンジブックと呼ばれる「医療用医薬品品質情報集」に掲載されていきます。
オレンジブックは品質再評価結果の通知集であり、通知に含まれない重要な品質再評価情報が掲載されないことがあります。また、通知の毎に発行されるため一覧性がありません。日本ジェネリック製薬協会がこれらを補い、品質再評価に関する広範囲の情報を掲載したものを「オレンジブック総合版」と名付けられています。

大原薬品としては、この「品質の情報」(溶出性:オレンジブック)に、「製品情報」(107品目、剤形の色調や原薬製造など)と「ジェネリック医薬品の概説」(新薬との違いなどのあらまし)を加え、大原薬品工業ジェネリック医薬品品質情報集を発行しました。
ジェネリック医薬品の安心使用に向けて、少しでもお役に立つことを心より願っております。

大原薬品工業ジェネリック医薬品品質情報集をご希望の方には資料をお送りいたします。資料請求は、大原薬品本社(学術部)に電話か、下記フォームよりお問い合わせください。