大原薬品工業株式会社


現在地

HOME の中の 企業情報 の中の 透明性に関する指針

企業情報

透明性に関する指針

医療機関等との関係の透明性に関するガイドライン

大原薬品工業株式会社

大原薬品工業株式会社は「全ては患者さんの立場から 医療の未来のために 信頼の医薬品を」というビジョンに基づき、医療のさらなる向上によって社会に貢献することを目指しています。
この目的を達成するために、弊社では製剤研究や開発、製造販売後の適正使用促進を意図した医薬品情報提供及び収集活動や安全対策など多様な活動を行い、こうした活動を通じて大学等の研究機関や医療機関等との連携協力は不可欠のものとなっています。
このため、弊社の諸活動を通じて研究機関や医療機関へ対価としての金銭提供が発生する場合があり、活動に際しては高い倫理感を持ち患者さんや社会からの信頼を獲得するために医療機関等との関係に関して透明性を確保することが必要と考えています。
今般、日本ジェネリック製薬協会が定める「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に準拠し、弊社の活動における“医療機関等との関係の透明性に関するガイドライン”を定めました。今後、弊社は本ガイドラインに則り医療機関や医療関係者等に関わる企業活動情報を公開することで、より高い透明性を確保することに努めます。

1.ガイドラインの目的

大原薬品工業株式会社は、“全ては患者さんの立場から 医療の未来のために 信頼の医薬品を”というビジョンに基づき、医療のさらなる向上に貢献するため、薬事法等の諸規定及び日本ジェネリック製薬協会(以下、GE薬協)で定める「GE薬協企業行動憲章」、「GE薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン2010」及び「医療用医薬品プロモーションコード」をはじめとする関係諸規範及びその精神に従い、弊社の行うあらゆる活動と医療機関等との協力連携において透明性の確保を推進するため、本ガイドラインを制定します。

2.公開時期と方法

公開は2013年度分を2014年度よりホームページを通じて行うものとし、以降、前年度分について決算終了後公開することとします。

企業活動と医療機関への資金提供に関する情報

3.公開内容
A)研究費開発費等

研究費開発費等には、GCP 省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験や、開発の治験および製造販売後臨床試験が含まれ、また、GPSP 省令、GVP 省令などの公的規制のもと実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用を含みます。

  • 共同研究費:年間の総額
  • 委託研究費:年間の総額
  • 臨床試験費:年間の総額
  • 製造販売後臨床試験費:年間の総額
  • 副作用・感染症症例報告費:年間の総額
  • 製造販売後調査費:年間の総額
B)学術研究助成費

学術研究助成費には、学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄付金、および学会等の会合開催費用の支援としての学会寄附金、学会共催費を含みます。

  • 奨学寄附金:施設名、科(教室)名、件数、総額
  • 一般寄附金:施設(財団)名、件数、総額
  • 学会寄附金:学会・研究会等名称、開催回数、総額
  • 学会共催費:学会セミナー等名称、開催回数、総額
C)原稿執筆料等

原稿執筆料等には、自社医薬品に関する科学的な情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等を含みます。

  • 講師謝金:施設名、科名、件数、総額
  • 原稿執筆料・監修料:施設名、科名、件数、総額
  • コンサルティング等業務委託費:施設名、科名、件数、総額
D)情報提供関連費

情報提供関連費には、医療関係者に対する自社医薬品の科学的な情報提供に必要な講演会、説明会等の費用を含みます。

  • 講演会費:年間の件数、総額
  • 説明会費:年間の件数、総額
  • 医学・薬学関連文献等提供費:年間の総額
E)その他の費用

その他の費用には、社会的儀礼としての接遇等の費用が含まれます。

  • 接遇等費用:年間の総額