大原薬品工業株式会社


現在地

HOME の中の 大原薬品の事業展開 の中の ジェネリック医薬品事業

大原薬品の事業展開

ジェネリック医薬品事業

ますます進行する少子高齢化、現在日本においてはその少子超高齢化社会の進行に対応すべく、持続可能な医療システムの構築が求められております。

国民皆保険を堅持しつつ医療費適正化を推進するためには、ジェネリック薬の普及が今後、ますます社会には求められます。大原薬品は、その社会の要望に応えるべく、これからもより一層の努力を続けてまいります。

高品質な医薬品原薬が高品質の医薬品を創る

現在、医薬品製造において重要性をますます増しているのは、医薬品原料です。
医薬品原料は、世界的にはAPI(Active Pharmaceutical Ingredient)と称され、文字通り医薬品有効成分であります。

日本のジェネリック医薬品の品質基準は世界一厳しいといわれております。
その中で特に溶出試験の基準に対応するためには、医薬品原料の化学的な品質はもちろんのこと、物理的な物性について充分考慮した中で、医薬品原料を安定的に調達していくことが重要になります。
世界的に調達可能なコモディティ原薬については、戦略的資本提携を行った商社3社の世界的ネットワークを元に、品質、価格、安定供給を考慮し、世界最適化調達を行っております、それと共に、日本独自の対応が必要なものスペシャリティーAPIについては、日本に有する自社原薬工場にて生産を行っております。

大原薬品のネットワーク
  • 伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社
  • 稲畑産業株式会社
    • FRANCE - Pharmasynthese
  • CBC株式会社
    • ITALY - Procos

例えば、日本独自の対応が必要なAPIは以下のようなものがあります。
製法特許が日本では存在しているAPI、日本薬局法に収載されているがUSP、EPとは規格が異なるもの、難溶性医薬品のように製剤の溶出試験をアジャストするために、API段階の粒度規定が重要なAPIなどがあります。

日本のジェネリック医薬品に対応した高品質の原料医薬品の調達、大原薬品はこの医薬品開発の原点を大切に守り、これからも高品質のジェネリック医薬品を皆様のお手元に届けさせていただきます。